MENU

戦艦ミズーリ号の歴史

Home / 戦艦ミズーリ号の歴史

進水式から現在までの歴史

造船開始から進水式まで

1941年(昭和16年)1月6日

ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍造船所で造船が開始された。

1944年(昭和19年)1月29日

造船開始から3年後の1944年(昭和19年)1月29日に進水式を迎えた。

その際命名者となったのが、当時ミズーリ州選出の上院議員であった

  ハリー・トルーマンの愛娘マーガレット・トルーマンでした。

1944年(昭和19年)6月11日

戦艦ミズーリが就役。

USS Missouri BB-63 はアメリカ海軍最後の戦艦として就役した。

初代艦長は Willian M. Callaghan(ウィリアム・キャラハン)であった。

第二次世界大戦から終戦まで

1944年(昭和19年)6月

昭和19年6月に就役した後、第二次世界大戦中は主に太平洋を中心に活動。

1944年(昭和19年)12月24日

パールハーバに寄港、翌年から空母レキシントン率いる艦隊に加わる。

1945年(昭和20年)2月19日

硫黄島上陸作戦を支援。
同年3月には沖縄での攻撃作戦、4月の沖縄上陸作戦に参加し、海上から砲撃を行う

1945年(昭和20年)4月11日

senkan missouri zero

初めて特攻隊戦闘機による攻撃をうけ、右舷甲板部(フレーム165付近)に破損を生じる。

1945年(昭和20年)8月29日

ミズーリ号は降伏文書調印式のため東京湾に入り、直ちにその準備にとりかかる。

1945年(昭和20年)9月2日

入港から4日後である9月2日、連合軍艦隊が見守る中、ミズーリ号の艦上にて、マッカーサー元帥率いる連合国軍側と重光全権率いる日本政府代表との間で調印式が行われた。

朝鮮戦争から最初の退役まで

1950年(昭和25年)8月

senkan missouri kankoku

第二次世界大戦終戦から5年後の昭和25年8月、ミズーリ号は朝鮮戦争に出動した。
同年9月には仁川付近に到達し、上陸作戦の支援を行った。

1951年(昭和26年)

任務を終え本国へいったん帰国したが、昭和27年から28年にかけて再度朝鮮戦争に出動した。

1955年(昭和30年)2月

senkan missouri 戦艦ミズーリ退役

朝鮮戦争から2年後の昭和30年2月に最初の退役を迎え、ワシントン州ブレマートンにていわゆる「モスボール」(予備役)状態となった。
以後30年、休息状態に入る。

近代化と再就役

1984年(昭和59年)- 1986年(昭和61年)

復役が決定し、約2年を費やして改修および近代化が施された。代化の際に副砲の砲塔を4基を除去、そしてトマホーク巡航ミサイルの発射機が8基装備され、計32発のトマホークミサイルを搭載した。

1986年(昭和61年)5月

こうして最新の兵器と設備を備えた新生戦艦ミズーリは、昭和61年5月に再就役を果たした。

1991年(平成3年)1月

湾岸戦争に出動。
多国籍軍およびアメリカ軍の軍事行動の支援を行った。同年1月17日に最初のトマホーク巡航ミサイルを発射。また海からの主砲による砲撃を行うことで、海兵隊の上陸を援護した。

1991年(昭和61年)3月

ペルシャ湾での活動を終えて本国へ戻る。

二度目の退役からミズーリ記念館の誕生まで

1992年(平成4年)3月31日

湾岸戦争の翌年に再度の退役を迎え、ワシントントン州ブレマートンに係留される。

1996年(平成8年)

海軍はUSSミズーリ保存協会への同艦の寄付を決定した。そしてパールーハーバー内にあるフォード島に係留されることになった。

1998年(平成10年)6月22日

ハワイ州パールハーバーに戦艦ミズーリが到着する。

1999年(平成11年)1月29日

1944年(昭和19年)1月29日に行われた進水式の日付に合わせて、
1月29日に「戦艦ミズーリ記念館 (USS Missouri Memorial)」として一般公開されるようになる。

ドライドック

2008年(平成20年)10月

戦艦ミズーリ記念館としてオープンしてから実に10年後に初めての本格的なメインテナンスを行った。パールハーバー海軍基地内において約90日間の大規模な修繕が施された。

2009年(平成21年)1月

再び戦艦ミズーリ記念館としてリニューアルオープンをした。新たな展示スペースが追加され、また一般のお客様がご覧いただける場所を大幅に追加した。

戦艦ミズーリはお客様からの入場料、そしてお土産品などの売上を維持費に充てています。

歴史的な上層構造部を保存・維持するために

現在、戦艦ミズーリの上層構造部の補修工事が行われており2017年9月に終了する見込みです。補修工事期間は安全上のため、03レベルより上の露天艦橋並びに装甲艦橋などが閉鎖されます。それに伴い他のエリアも一時的に閉鎖になる可能性もありますこと予めご了承ください。“アメリカ最後の戦艦”の保存・維持へのみなさまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

Don't show this popup again.